Adobe MAX Japan 2018 に参加してきました

おはようございます。

デザイナーではないけれど、Adobe MAX Japanに参加してきました。

私は次の4つのセッションに参加しましたが、

すべて無料セッションであるところがサラリーマンぽくて良い(笑)

参加セッション

  1. 動画制作を始めたいあなたにも!アドビビデオ製品最新情報
  2. DTP・印刷業界の定番教科書『DTP&印刷スーパーしくみ辞典』MAXスペシャル。仕事に役立つ情報をここでゲット!
  3. 話すような感覚でつくれる! Premiere Rushでみられるオンライン動画の作り方
  4. ワークスタイルもデザイン!その編集、まだIllustratorやPhotoshopを使ってるの? 現役クリエーターに聞くこれからの制作ディレクションのトレンド!

日時

2018年11月20日(火) 09時30分〜21時00分

場所

パシフィコ横浜

KeyNote

Adobeの代表取締役とCreative cloudの責任者による、Adobeの今後の展開が説明されました。同時通訳で行われましたが、翻訳者の方が優秀で分かり易かったです。

Adobeの未来を感じる、次の3つの話は刺激的でした。
個人的には、やはり、「hotoshop on iPad」です。

  • Photoshop on iPad
  • Project Gemini
  • Aero

セッション1:動画制作を始めたいあなたにも!アドビビデオ製品最新情報

次の3つの製品のうち、個人的には、Character Animatorがとても印象的でした。

  1. Premiere Pro
  2. RUSH
  3. Character Animator

自分の顔写真とテンプレート写真を合成して作ったアバターが、自分の動きに合わせて動くデモンストレーションには驚きました。

ネット上に顔を出すことを躊躇う人なんかにもオススメと講師の方が言ってた。分からなくもない。

セッション2:DTP・印刷業界の定番教科書『DTP&印刷スーパーしくみ辞典』MAXスペシャル。仕事に役立つ情報をここでゲット!

Post Scriptの歴史のお話で、私のような素人には全く分かりませんでした。

現場からは以上です(>人<;)

セッション3:話すような感覚でつくれる! Premiere Rushでみられるオンライン動画の作り方

講師は、YouTuberでおなじみジェットダイスケさんです。

このセミナーでの収穫は、「静止画」をタイムラインに配置できることでした。

Premierと聞くと、動画しか扱えないと思いがちですが、

デモンストレーションで、静止画をタイムラインに並べてスライドショーを作っているジェットさんを見て、「自分、頭硬いなぁ」と反省した。

きょうから、私も、ジェット◯◯になれそうです笑

セッション4:ワークスタイルもデザイン!その編集、まだIllustratorやPhotoshopを使ってるの? 現役クリエーターに聞くこれからの制作ディレクションのトレンド!

Creative cloudと比較して華やかさのかける印象のDocument cloudですが、個人的には凄く好きな製品です。

CC道場#238を視聴していたため、前半の内容は驚かないが、後半のPower Pointで作られたPDFをAcrobatで直接編集する内容は結構凄かった。

あそこまで見せられると、Acrobatは閲覧用ソフトだなんて誰も思わない。

3DファイルをAcrobatに読み込ませてグリグリ回し始めた時の隣の女性の歓声は忘れない。驚くよね、初めて見たら。

Photoshop / Lightroomクッションは買えたのか?

余談ですが、Max Storeで、クッションの購入を!と鼻息を荒くしていたのですが、
整理券は、配布開始わずか10分でなくなったそうです。

午後から一般販売も開始されましたが、その頃には「もういいや(^ ^)」となってました笑

感想

  • KeyNoteは、もともと行く予定ではありませんでした。ところが、会社の代表や製品責任者の声というものは、その会社がどんな未来を見ているのか、また、ユーザにどんな体験をしてほしいとその会社が考えているのか、とても参考になる話が聞けました。
  • 動画セミナーが多めで、Premiere Rushの内容は3回くらい聞いた。内容を忘れないうちに使ってみようと思っている。

 COMMENT

関連記事

ハーマンミラー エンボディチェアを2週間使ってみた感想

ウェルネスダイニングというサービスを使ってみた

Kindle Oasis (第9世代) 用 ファブリックカバーが届きました。

新年明けましておめでとうございます

ココマイスター ブライドルダレスバッグを受け取りに行ってきた、というお話

NO IMAGE

『令和』時代がやってきました